2014年10月22日水曜日

相手の気持ちを考えて

朝…児童会三役の元気な声が玄関に響きます。
       「募金をお願いします!」

ユニセフと赤い羽根の募金活動を、今日22日から
28日までの日程で行っています。ユニセフは遠い
国々に向けた募金ですが、相手(他者)の気持ち
を考えて自分にできることをすることを学ぶ機会の
一つ。100円で何人もの人に役立てるんだよ…食卓
の話題の一つにしてもらえたら…と思います。
募金情報コーナー

校長先生に募金協力のお願い中

 

体育館では、5,6年が劇練習をしていました。
台本を持ちながら立ち稽古の段階です。担任の先生が
場面を止めて話していたのは、「人の台詞を聞いて、その
内容に反応して動きをつくること」。台詞を話している人だ
けが動くのが劇ではありません。できあがりが楽しみになる
練習風景でした。
仲間の台詞に応えて、他の人物が動きます

 
勉強も、もちろん頑張っています。
1,2年生は、九九の学習のまっただ中です。今日の学習は
学んだ九九を生かして、物の数を工夫して求める内容。
理解を深める上で、人に説明する活動はとても大切です
















全員の答えが違うという展開。説明を聞きながら、どういう風
にかぞえたのかを考えていました。

相手の気持ちを考えること…募金にも、劇にも、普段の学習
にも大切なことですね。(文責:井坂)

0 件のコメント:

コメントを投稿