2017年8月21日月曜日

黒板がジャックされた!(くんねっぷアートタウンプロジェクト:黒板ジャック)

居武士小学校の1階チャレンジ1教室の黒板。
月曜日、学校に来てみると、









このように、黒板全面に素敵な絵が描かれていました!

朝、登校してきた子供たちも、次々とチャレンジ1教室を訪れ、
「ねえ、みてみて~、きれいだよ~。」
「すごいですよ~。」
「メロンが、めっちゃリアル!」
「芸術的!」
「チョークだけで描いてる~」
「鹿がとってもていねい!」
と感想を話していました。

この取組は、
訓子府町で取り組んでいる
「くんねっぷアートタウンプロジェクト」
のプログラムの1つです。

武蔵野美術大学「旅するムサビ」のメンバー2名が、
20日(日)に、6時間近くかけて描いてくれました。

居武士小学校の子供たちに、貴重な芸術作品に触れる機会を
いただきました。

黒板ジャックの絵は、本日、15:30~17:30
一般公開も行いました。
居武士小学校の卒業生の方や、保護者の方、地域の方を始め
多くの方にご来校頂きました。

22日(火)23日(水)も、15:30~17:30に一般公開を行いますので、
ぜひご来校ください。

(教頭 辻)
















2017年8月20日日曜日

作品から子供たちの頑張りが思い浮かび(夏休み作品展開催中)

ランチルームにて、「夏休み作品展」を開催中です。
















工作や、体験したことや調べたことをまとめたものなど、子供たちが、夏休み中に頑張って制作した力作がそろっています。

作品を見ていると、子供たちの頑張りが思い浮かびます。

子供たちもお互いの作品を見て、感想を話し合っていました。

夏休み作品展は、24日(木)まで行っております。
ぜひご来校いただき、ご覧頂ければと思います。

(教頭 辻)

校舎内に久々の元気な声が響き(授業再開)

18日(金)、授業が再開しました。
夏季休業中は、静まりかえっていた校舎内に子供たちの元気な声が戻ってきました。















全校朝会で、学校長と夏休み中に体験したことについて交流した子供たち。
夏休みでの体験を生かして、また学校生活を元気に送れそうです。

(教頭 辻)

2017年8月1日火曜日

ミツバチさんたちの働きに感謝しつつ(採蜜)

1日(火)の朝、採蜜を行いました。
今年度3回目の採蜜です。














まずは、いつものように燻煙器で蜂をおとなしくします。















巣箱から取り出した巣枠を見て、ミツバチがどのように巣作りを行っているか、どこで子育てをしていて、どこに蜜を貯蔵しているか等改めて教えてもらいました。














巣枠を引き出し、集まっているミツバチを払い落とします。














上の方に蜜がたまっているのがわかります。














蜜蓋を切り落として、遠心分離器にかけたときに蜜を取り出しやすくします。














巣枠を2枚ずつ遠心分離器に入れて、蜜を取り出します。























































取り出した蜜を濾過してきれいにします。















今回もたっぷりハチミツがとれました。
9.8kgになりました。

ミツバチさんたちの働きに感謝しながら、
これからも学びを深めていきます。

(教頭 辻)