2017年7月5日水曜日

第17回野外ふれあいコンサート!

7月1日(土)に
「第17回野外ふれあいコンサート」
が行われました。
会場の日出地区ふれあいセンター裏芝生広場
トラックをステージにしています。












ちびっ子たちも楽しくダンス!

1,2年生も歌と踊りを披露

4~6年生のバンド演奏

たくさんの人が集いました。

ファミリーでの参加も

最後はみんなで歌いました!











































































このコンサートは、
居武士小学校区の地域住民主体の実行委員会が主催し、
訓子府町教育委員会が共催しています。
そして、居武士小学校の子どもたちや教職員も参加しています。

開演直前に雨が降りましたが、無事に止み、
会場の日出地区ふれあいセンター裏芝生広場は、
大勢の人で賑わいました。

居武士小学校のこどもたち
卒業生の中高生
これから居小にくるこどもたち
保護者のみなさん
地域のみなさん
などなど多くの人がふれあいコンサートに集いました。

中には、久しぶりに顔を合わせる人もいたようで、
音楽を楽しみながら、話を弾ませている人もいました。

学校教育側からの目指す方向として、
「地域とともにある学校」の重要性が言われています。
また、社会教育側からは、
「学校を核とした地域づくり」の大切さも言われています。

この「野外ふれあいコンサート」は、
まさに
「地域と学校の『のりしろ』(地域と学校が重なり合う場所)」
として機能しています。

また、いろいろな参加者それぞれが、
「こんどはこうしてみたいな。」
「こんな人たちも誘ってみては?」
「こんな曲もやってみたいね。」
というように、それぞれが、このコンサートをよりよくするための
アイディアを出し合っているのもとてもいいなあと思っています。

子どもたちはもちろん、
このコンサートに関わる大人も
いろいろな人と対話しながら、主体的に取り組み、
それぞれ学びを深めています。

居小の子どもたちも
地域のみなさんとともに
楽しい1日を過ごすことができました。

ふれあいコンサートでの学びを、
教職員も、子どもたちも
今後に生かしていきます。

(教頭 辻)


0 件のコメント:

コメントを投稿