2009年5月20日水曜日

今年で最後?大谷山、春の花々

中学年8名で、学校の目の前にある大谷山へ、花の観察に行きました。

北見市までの高規格道路がまさに工事中です。
建設工事にともない、山が切り開かれ、
残念ながら大谷山の林がなくなってしまうことが決まっています。


高規格道路の工事現場ぎりぎりに咲いていた、ミヤマエンレイソウ。
30cm横は、がけになっていました。


ちょっとしたがけを登ります。



春の定番、エゾエンゴサク。



黄色い汁でおなじみ、クサノオウ。



最初の個体よりも、特徴がよくでているかな?
ミヤマエンレイソウ。

今回は、『新北海道の花』を参考に、
花の名前調べを行いました。

自分で調べた花の名前がわかると、
愛着がでてくることでしょう。

文責:宮内(中学年担任)

0 件のコメント:

コメントを投稿