2012年9月19日水曜日

秋深し 隣はどこを 向いてるの?

机の配置をよ~く御覧下さい。














手前の子ども達と奥の子ども達では、
机の向きが違います。

本校は小規模校で、
“複式学級”と呼ばれる形態で授業を進めています。
奥では2年生5名が長方形の性質を学習し、
手前では1年生2名が、違う黒板を使って、
繰り上がりのある足し算の学習を進めています。

授業によっては、先生が2人は入って授業を進めることもあります。
国語や算数は、このように別々の内容を学習しますが、
体育・音楽や図工などは2学年一緒に学習したりもします。

本校では、
3・4年生も5・6年生もこうです。
小規模校ならではの風景です。

文責(教頭:山田)

0 件のコメント:

コメントを投稿